[農機具災害部会]

 

1.統括責任者:立身政信・岩手大学教授.保健管理センター長

 

2.研究期間  平成17年5月〜

 

3.研究協力施設および調査方法

(1)承諾を得た全国の厚生連病院から農機具災害の症例について報告を受ける。

(2)厚生連病院の医師が特別指定医となっている都道府県の共済連県本部からJA共済の生命・傷害共済事故状況報告の農作業関連事故によるものの報告を受ける。

 

4.研究目的

農機具災害による死亡は年間400名ほどで推移し、減少することなく横ばいの状況が続いている。また、死亡事故に至らないケースは年間数万件に及ぶものと考えられる。しかし、そうした災害の届出制度は無く、全国レベルの実態は明らかになっていない。農機具災害部会は、農機具によるものを中心に農業災害の全国的発生状況を経年的に把握し、もってその対策の研究を主たる目的とする。

 

5.平成27年度研究概要

平成27年度農林水産省補助事業「リスクアセスメントに基づく農作業時安全対策検討会(第2回~第5回)開催(第2: 平成27915日、第3回:同年1118日、第4回:平成2825日~6日、第5回:同年37日)。

平成27916日、第11回全国農作業事故防止対策連絡協議会を開催。

同年1022日、秋田市にて部会打合せ。

同年121日~3日、韓国にて第7回日韓合同「農作業安全シンポジウム開催。同時に、農作業および農薬による事故に関するセミナー、日韓共同農作業安全保健セミナー―新動力基盤、安全災害の法制化―開催。農作業安全モデル農村の実践例の紹介と視察。立身副理事長他2名出席。

平成28126日~28日、平成27年度農林水産省補助事業にかかる農作業時安全対策検討会を開催。

同年322平成27年度農林水産省補助事業にかかる第2回推進委員会を開催。実施内容が報告され、報告書にまとめられた。

同年621日~24日、韓国「農村振興庁」にて農作業安全保健国際シンポジウムが開催され、大浦・浅沼評議員が出席した(参加国:韓国、オーストリア、ドイツ、アイルランド、日本)。

 

6.平成28年度計画

(1)事業方針

全国農作業事故防止対策連絡協議会への主導的関与

農作業事故防止啓発のための教材作成

 

(2)調査研究項目と研究内容

平成28年度農林水産省補助事業「農作業安全総合対策推進事業」への協力

平成281029日、第65回学術総会のサテライト研修会として、第8回日韓合同「農作業安全シンポジウム」を開催

「農作業事故事例対面調査結果」及び「農作業のリスクアセスメント」等を基にして農作業事故防止リーダー研修用テキストを作成

 

(3)研究成果の発表等

調査研究報告書、日本農村医学雑誌、日本農村医学会学術総会、第8回日韓合同「農作業安全シンポジウム」(平成2810月開催)にて発表

 

(4)平成28年度 経費見込額 概算100万円

 


   | セキュリティプライバシーポリシー著作権について
All Rights Reserved, Copyright(C) The Japanese Association of Rural Medicine